知っておこう!不動産売却を行う際に必要な知識

模型

自由度の高い家造り

間取り図

個性を重視する大阪では、フルオーダーメイドとなる注文住宅も人気を集めています。その設計を行う設計事務所は、それぞれに独自のデザインを提案しているので、あらゆる要望に応えることが可能となっているからです。

Read More

中古住宅の動向

集合住宅

東京での中古マンション相場は今後、下落に向かうことが予測されます。買い替えなどを予定しているならば、早めに検討する必要があります。購入を検討するならば、資産価値が落ちにくい立地で検討することが大事です。

Read More

相場をみて売るべきです

マンションとお金

マンション売却を検討する際にどうしても必要なのは自分のマンションが不動産市場においていくらで売れるかという相場を知ることです。買い手はマンション価格の相場を勉強してからマンションの中古物件を探すため、まずは適切な価格で売値をつけることが大切なのです。

Read More

都心三区で最上位

男の人

高額所得の住民が多い

港区は都心3区に位置していますが、東京で住民の所得が多く、他の2区よりも住宅のレベルも高くなっています。港区で不動産売却を行うと金額が大きくなるので、不動産売却の際には税金対策等の準備が必要となります。港区で不動産売却する際に住宅であれば住み替えるための買換えで売却益が発生しても課税を引き延ばすことが可能です。買い替えにおいては購入の時期が売却との関係で制限されていますので注意が必要です。港区で収益不動産売却を行う場合には長期に保有をしていない物件については多額の譲渡益課税を受けることになりますので、少なくとも5年間は保有することが重要です。長期譲渡所得と短期譲渡所得では税金が倍くらい異なります。

購入者の存在は多い

港区は地下鉄の建設によって交通の便が改善していることもあり、不動産売却を依頼すると早い段階で購入者を探すことが可能です。最近は再開発の進展によって企業の立地も進んでいるため、外国人の居住者の増加も顕著になっています。都心の高層マンションは特に人気が高いため、実需としてのニーズの他に投資用としての購入者も増加しています。特に港区はバブル崩壊以降人口減少に歯止めがかかり、最近は人口の増加が顕著となっています。不動産価格は東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年までは高止まりをするという予測も出ているため、不動産売却にとっては良好な環境がしばらく続くことが予想されています。特に宿泊施設用地であれば大きなニーズが生じています。